2017年3月11日「追悼のつどい〜みんなのこと、わすれないよ〜」

 3月11日は東日本大震災があった日。
ご遺族にとっても「区切りや節目」はなく、ただの命日です。
名取市立閖上中学校では14名の生徒が津波の犠牲となりました。認定NPO法人地球のステージは、心のケア事業の一環として、2011年度より閖上中学校遺族会の活動を支援してまいりました。
 命日の日にハト型エコ風船にメッセージを託して亡くなった方へ想いを届ける本追悼の集いは5回目となります。昨年と同様の会を持ちたいという遺族会の皆様の意向により本年も開催致します。哀しいだけの時間ではなく、カラフルな風船を飛ばす時には皆が笑顔になる瞬間です。また、メッセージを書くことによって心の整理の時間にもなり、被災された方々の心が前へ進むための一歩にもなればという想いも込めております。
 大切な人を亡くしている方、そうでなくても想いや時間を共にしたいという方、この「追悼のつどい」への参加は自由です。みなさまのお越しをお待ちしております。

当日のスケジュール

13:00〜14:00 「閖上の記憶」でメッセージ風船の受付
         ※報道受付は12:30〜13:45まで

14:20      開会の辞(認定NPO法人「地球のステージ」代表 桑山紀彦)
         遺族会 挨拶
         献花(遺族)
14:46      黙祷
15:00      メッセージ風船飛ばし
15:10      閉会の辞(桑山紀彦)
献花(一般)

マスコミの皆様には後日、プレスリリースをお流しします。ご希望の方やお問い合わせは地球のステージ事務局(022-738-9221)までご連絡をください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る