2023年1月語り部の会

2023年1月語り部の会  2022年12月4日

1月8日 (日)13:00〜 丹野 祐子さん
震災から12年。干支が一周しました。
景色の変わった閖上で語り続けるあの日の想い。
なぜ?語るのか?
今年の抱負と共にお話させていただきます。
.
1月15日 (日)13:00〜 松崎 江里子さん
東日本大震災前から自宅横にあったマンホール。
復興復旧の嵩上げ工事に伴い撤去されそうになったところ、
今は「閖上の記憶」に置いているマンホール。
その題材となった絵本「マンホールのステージ」読み聞かせをします。
.
1月22日 (日)10:00〜 江口 清子さん
長い間、閖上地区の代表としてボランティア活動や文化活動(閖上太鼓)で
活躍してこられた江口さん。11年前の震災はご自宅やご家族への直接被害は
もたらさなかったものの、多くの友人知人を突然失い、懐かしい場所も
すっかり姿を消し、心の中の穴は今も塞がらないまま。
こういう気持ち、みんなで共有しませんか。
.
1月29日 (日)13:00〜 宇佐美 久夫さん
「3.11からの独り言」の『避難所にてパート1』
あの大震災では3ヶ月に及ぶ避難所暮らしの日々の生活から
将来への不安迄、好き勝手に「独り言」。
~避難所にてパート1〜は主に避難所に暮らした最初のころのお話をします。

「独り言」の一例:
*知った顔、有るはず無いが、辛かった(閖上に移住して2年ほど)
*暗くなり、簡易シャワーが、影灯ろう
*知りません、簡易トイレの、使い方
等々ちょっぴり大変な事、クスッとなる事等、教訓に成る事も
へ~そんな事も有ったのと話を聞いてみませんか、質問も大歓迎です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開催スケジュール一覧へ トップへ戻る